コンジローマ感染の原因 | コンジローマにかかってしまったら

コンジローマ感染の原因

コンジローマは性病の一種です。
原因になる菌はヒトパピローマウイルス(HPV)というウイルスです。
HPVは100種類以上あり、良性のものの一つがコンジローマです。
悪性のものでは子宮頸がんの原因菌になるものがあります。

▼ 目次

コンジローマの感染経路は
感染原因となる経路の主なものは性行為です。
そのため、コンジローマ患者は性的な活動が活発になる20代〜30代の男女が多くなります。
コンジローマの感染率は非常に高く、60〜70%に上るといわれています。
感染しても必ず発症するわけではありません。そのため、感染していることに気づいていない人はたくさんいます。
また、性的な部分のスキンシップ、があります。
感染経路に関しては、性行為以外にも、性的なスキンシップ、間接的な接触による感染、母子感染などが確認されています。
「オーラルセックスなら感染しない。」「アナルセックスなら感染しない。」という勘違いが感染を広げる大きな原因になっています。

口腔内の粘膜部分やのどにコンジローマのイボができることもあります。
口腔内を経由して性器でも発症します。
一般的な性行為での感染と同じく性器にコンジローマ独特のイボができるようになります。
また、間接的な接触も感染につながります。
コンジローマに感染している人の性器を触った手で自分の性器や口腔を触れば、感染の可能性は十分にあり得ます。
その他にも、銭湯や温泉での感染も考えられます。
浴室の椅子は要注意です。
また、ウオシュレットのシャワーも感染源になりかねません。

一般的には、器物を経由した場合には、感染率は大幅に下がります。
しかし、傷があったりするとその部分から感染してしまうのです。
この場合には、多くはありませんが高齢者や子供も感染する可能性があります。
家族であっても浴室の椅子などは、腰掛ける前によく洗い、バスタオルなどの使いまわしは避けなければなりません。

母子感染も考えられます。
コンジローマに感染している母親が出産した場合には、新生児が感染している可能性は十分にあります。
妊娠の可能性がある場合には、女性もパートナーもコンジローマの検査を受けておいた方が賢明です。
もし、妊婦にコンジローマが確認された場合には、出産までに治療を終わらなければなりません。
幼児の場合には、両親や医療従事者との接触で感染することもあります。
入浴やオムツ替えの際などの手洗いはとても重要です。

コンジローマは潜伏期間が長い

コンジローマが、厄介なところは、潜伏期間が長いところです。
1か月から8カ月にもなるので、性的なパートナーが複数になると、感染源のパートナーを特定するのがとても困難なのです。
8カ月ともなると、特に性的な交際が活発でない人でも、パートナーが複数になることは普通に考えられます。

コンジローマを発症すると、先のとがったイボができます。
しかし、痒みや痛みがない場合の方が多いので発症時には気づかない人が多いのです。
性器は自分の目の届かない部分もあります。
女性の場合、膣内のコンジローマには気づきようもないのです。
おりもの色などに十分注意を払う必要があります。

コンジローマかな?と感じた場合には、すぐに医療機関で診察を受けましょう。
痛くもかゆくもないのをいいことに放置すると、イボはどんどん増えて拡大します。
イボが増えてはっきりコンジローマとわかる頃には、発症から相当の時間がたっていると考えられます。
コンジローマが広がり拡大すると、カリフラワーのようにイボが大きくなります。

コンジローマの治療は

コンジローマは、軽症の場合には、軟膏などの塗布薬で治療しますが、重症になると、切除術、CO2 レーザー蒸散法、電気メスによる焼灼法、液体窒素による凍結法等の方法をとります。
ひどくなればなるほど、治療にかかる時間も長くなり費用も高くなります。
コンジローマを放置することのリスクは、治療の困難さだけではありません。
コンジローマの原因菌であるHVPウィルスは子宮頸がんの原因菌でもあります。
確かに、コンジローマと子宮頸がんの原因菌は同じHVPでも種類が違います。
ただ、感染するときには複合的に感染することは十分考えられます。
もし、運悪く子宮頸がんタイプのウィルスに感染していた場合でも、早期に検査を受ければ、それだけ子宮頸がんの発症リスクを避けることができます。

感染率が高くて潜伏期間が長い、しかも自覚症状がないとなれば予防はとても難しいのです。
実際、感染の自覚がないのですから、パートナーにうつしてしまっても気づきません。
コンジローマは誰がかかってもおかしくない性病です。
パートナーがコンジローマを発症しても、一概に、浮気だと責めるわけにもいかないのです。
自覚症状がない以上、感染元が自分だという可能性も十分にありえるからです。
もし、パートナーがコンジローマにかかっているのではないかと感じたら、二人で検査を受けることをおすすめします。
出来ることなら、同居の家族全員が検査を受けたほうが合理的です。

泌尿器科併設の新宿の皮膚科にかかるなら

新着情報

HPVによるコンジローマの潜伏期間

感染から発症までどれくらい?

コンジローマを引き起こすのは一部の型のHPVとなります。
HPVとはヒトパピローマウイルスのことで、100種類以上の型があるウイルスになっています。
どの型に感染するかによって症状も変わるのですが、コンジローマを引き起こすのは6型、11型などとなります。
このHPVに感染するとイボができたりするのですが、感染したらすぐにイボができるわけではありません。
一定の潜伏期間を過ぎてからコンジローマの症状が現れ始めます。
その期間はどれくらいかというと、早くて3週間ほど、時間がかかるときは半年近く経ってから症状が現れる場合もあります。
平均的な潜伏期間は3か月ほどとなっていますが、実際の潜伏期間は個人差も大きいため、感染の機会があった方は経過に十分に注意しておくといいでしょう。
≫ 『HPVによるコンジローマの潜伏期間』

性病の自覚症状

性病の自覚症状

性病に実際になったことがないと、どんな自覚症状が出るかわからないことも多いですよね。
実際に出る症状は病気の種類にもよりますが、いくつかご紹介しましょう。
まず比較的わかりやすい症状となるのが、イボができるという症状です。
コンジローマに感染したときの自覚症状となり、感染部位にイボができます。
感染部位は性器や肛門付近などとなります。
性器が感染した場合、そちらにイボができるため、比較的早く気付ける自覚症状となるでしょう。
肛門付近だと自分で直接患部を見て気づくことは少ないかもしれませんが、トイレの後、拭いたときの感覚で異変に気付くこともあります。
イボ以外に特に症状はありませんが、痛みやかゆみなど生じることもあります。
≫ 『性病の自覚症状』

男性と女性の性病

男性と女性の性病

性病は男性でも女性でもなる可能性があります。
感染経路は、すでに感染している相手との性行為などとなりますから、そのような行為をする年齢となっている成人男女の間で起こりやすいのがこれら性病です。
たとえばコンジローマなど、男女の区別なく感染します。
これ以外にもたくさんの性病がありますから、男性も女性も注意したい、患者数の多い性病についてご紹介します。

クラミジア

国内で患者数の多い性病の一つです。
若い成人男女の間でよく感染が起こっていますから、付き合っているパートナーがいる方、性行為を頻繁にする方、風俗店などを利用する方など、男性でも女性でも注意したい病気となります。
性器に感染した場合、男性と女性とで症状が変わります。
男性は尿道炎が起こるため、排尿時の痛みや違和感、尿道の不快感やかゆみ、尿道からの膿といった症状が出ます。
これが女性となると症状が出ないことも珍しくありません。
出た場合はおりものの増加、不正出血などの症状となります。
このような性器の症状ほか、喉も感染部位となっており、感染した場合は男女問わず風邪のような症状が出たり、ほとんど症状が出なかったりします。
淋病と同時に感染している例も比較的よくあります。

淋病

クラミジアと同じく、国内で患者数が多いため、性的な行為をするようになった方は男性でも女性でも十分に注意したい病気です。
病気の特徴や症状はクラミジアと似ており、性器に感染した場合は男性の場合で尿道炎が起き、排尿痛や尿道からの膿といった症状が出ます。
女性の場合はやはり症状が出ないことも珍しくなく、症状が出た場合はおりものの増加や不正出血といった症状となります。
喉もやはり感染部位となっており、感染時には風邪のような症状が出るか、もしくはほとんど症状が出なかったりします。
クラミジアと同時に感染している例も比較的よくあります。

梅毒

初期感染時には痛みなどのないしこりができるくらいで、あまり症状は出ないのですが、時間経過とともに病気が進行していき、しばらくすると全身にバラ色の発疹が出ます。
ここで異変に気付いて病院を受診する方が多いです。
ちなみにこの発疹が出ても病院に行かずにいると、さらに病気が進行していき、やがて全身に腫瘍ができるなどし、最終的には命に関わる場合があります。
最近ではそこまで症状が進行する例は減っていますが、病院の治療を受けずにいると現在でも命に関わる可能性がありますから、異変に気づいたら早めに病院を受診してください。

受診先の病院について

男性も女性も注意したいこれら性病について、男女ともに利用できるのが性病科や泌尿器科などとなります。
男性限定の病院がよければ患者を男性に限定している泌尿器科やメンズクリニック、女性限定の病院なら婦人科やレディースクリニックなどがおすすめです。

性病のウィルスなどの感染

性病に感染するのはいつ?

性病の原因となるのはウィルスや細菌など目に見えない小さなものです。
感染した瞬間にそのことを自覚するのは難しいでしょうが、性病にもし感染した場合、どこかの瞬間にウィルスなどが体内に入り込んでいるのです。
目に見えないからこそ、その感染の瞬間にできることはほとんどなく、これを防ぎたいなら感染経路を知っておき、それを避けるのが有効です。
≫ 『性病のウィルスなどの感染』

性感染症と性行為

性感染症になる原因

コンジローマなどの性感染症になる大きな原因となっているのが性行為です。
病気を持っている方と性行為に及ぶと病気がうつるというのは比較的有名ですよね。
それは事実で、これまで性感染症になっていなかった方も、すでに病気になっている方と性行為をすると、それがきっかけで病気になることも多いです。
このようにして性感染症は性行為を通して人にうつっていくものですから、性行為をするときは十分に注意しないといけません。
≫ 『性感染症と性行為』