コンジローマ感染の原因 | コンジローマにかかってしまったら

コンジローマ感染の原因

コンジローマは性病の一種です。
原因になる菌はヒトパピローマウイルス(HPV)というウイルスです。
HPVは100種類以上あり、良性のものの一つがコンジローマです。
悪性のものでは子宮頸がんの原因菌になるものがあります。

▼ 目次

コンジローマの感染経路は
感染原因となる経路の主なものは性行為です。
そのため、コンジローマ患者は性的な活動が活発になる20代〜30代の男女が多くなります。
コンジローマの感染率は非常に高く、60〜70%に上るといわれています。
感染しても必ず発症するわけではありません。そのため、感染していることに気づいていない人はたくさんいます。
また、性的な部分のスキンシップ、があります。
感染経路に関しては、性行為以外にも、性的なスキンシップ、間接的な接触による感染、母子感染などが確認されています。
「オーラルセックスなら感染しない。」「アナルセックスなら感染しない。」という勘違いが感染を広げる大きな原因になっています。

口腔内の粘膜部分やのどにコンジローマのイボができることもあります。
口腔内を経由して性器でも発症します。
一般的な性行為での感染と同じく性器にコンジローマ独特のイボができるようになります。
また、間接的な接触も感染につながります。
コンジローマに感染している人の性器を触った手で自分の性器や口腔を触れば、感染の可能性は十分にあり得ます。
その他にも、銭湯や温泉での感染も考えられます。
浴室の椅子は要注意です。
また、ウオシュレットのシャワーも感染源になりかねません。

一般的には、器物を経由した場合には、感染率は大幅に下がります。
しかし、傷があったりするとその部分から感染してしまうのです。
この場合には、多くはありませんが高齢者や子供も感染する可能性があります。
家族であっても浴室の椅子などは、腰掛ける前によく洗い、バスタオルなどの使いまわしは避けなければなりません。

母子感染も考えられます。
コンジローマに感染している母親が出産した場合には、新生児が感染している可能性は十分にあります。
妊娠の可能性がある場合には、女性もパートナーもコンジローマの検査を受けておいた方が賢明です。
もし、妊婦にコンジローマが確認された場合には、出産までに治療を終わらなければなりません。
幼児の場合には、両親や医療従事者との接触で感染することもあります。
入浴やオムツ替えの際などの手洗いはとても重要です。

コンジローマは潜伏期間が長い

コンジローマが、厄介なところは、潜伏期間が長いところです。
1か月から8カ月にもなるので、性的なパートナーが複数になると、感染源のパートナーを特定するのがとても困難なのです。
8カ月ともなると、特に性的な交際が活発でない人でも、パートナーが複数になることは普通に考えられます。

コンジローマを発症すると、先のとがったイボができます。
しかし、痒みや痛みがない場合の方が多いので発症時には気づかない人が多いのです。
性器は自分の目の届かない部分もあります。
女性の場合、膣内のコンジローマには気づきようもないのです。
おりもの色などに十分注意を払う必要があります。

コンジローマかな?と感じた場合には、すぐに医療機関で診察を受けましょう。
痛くもかゆくもないのをいいことに放置すると、イボはどんどん増えて拡大します。
イボが増えてはっきりコンジローマとわかる頃には、発症から相当の時間がたっていると考えられます。
コンジローマが広がり拡大すると、カリフラワーのようにイボが大きくなります。

コンジローマの治療は

コンジローマは、軽症の場合には、軟膏などの塗布薬で治療しますが、重症になると、切除術、CO2 レーザー蒸散法、電気メスによる焼灼法、液体窒素による凍結法等の方法をとります。
ひどくなればなるほど、治療にかかる時間も長くなり費用も高くなります。
コンジローマを放置することのリスクは、治療の困難さだけではありません。
コンジローマの原因菌であるHVPウィルスは子宮頸がんの原因菌でもあります。
確かに、コンジローマと子宮頸がんの原因菌は同じHVPでも種類が違います。
ただ、感染するときには複合的に感染することは十分考えられます。
もし、運悪く子宮頸がんタイプのウィルスに感染していた場合でも、早期に検査を受ければ、それだけ子宮頸がんの発症リスクを避けることができます。

感染率が高くて潜伏期間が長い、しかも自覚症状がないとなれば予防はとても難しいのです。
実際、感染の自覚がないのですから、パートナーにうつしてしまっても気づきません。
コンジローマは誰がかかってもおかしくない性病です。
パートナーがコンジローマを発症しても、一概に、浮気だと責めるわけにもいかないのです。
自覚症状がない以上、感染元が自分だという可能性も十分にありえるからです。
もし、パートナーがコンジローマにかかっているのではないかと感じたら、二人で検査を受けることをおすすめします。
出来ることなら、同居の家族全員が検査を受けたほうが合理的です。

泌尿器科併設の新宿の皮膚科にかかるなら

新着情報

コンジローマにはプロポリス

コンジローマの感染経路って?

コンジローマというのはよく聞く性感染症ですが、どこが感染経路となっているのか。
その疑問をずっと抱えている人も多いのではないでしょうか。

結論を言うと、感染経路はそのほとんどが性器や口など粘膜からだと言えます。
コンジローマなどの性感染症はセックスやオーラルセックスなどが感染経路です。
つまり、普段から性行為をしない人はまず感染する可能性はほとんどありません。
逆に毎日のように性行為をするという人は感染する可能性も大きいと言えるでしょう。
実際に感染経路は無数にあり、相手がコンジローマの原因を持っている場合はそこから感染することもあるし、自分が感染の媒体となってしまうこともあります。
そのため、不特定多数の人と関係を持つ人であればあるほど、リスクはより大きくなります。
感染経路をしっかりとまずは理解し、その上で対策していくことが必要です。
≫ 『コンジローマにはプロポリス』

性感染症は泌尿器科に継続通院する必要がある?

泌尿器科での治療は

性感染症・性病とは、性行為を介して皮膚や粘膜から感染・伝播する疾患の総称で、性器クラミジア感染症・淋病・尖圭コンジローマ・性器ヘルペス・梅毒などが日本で多くみられます。

主な症状は、性器のかゆみや痛み、おりものの臭い・色・量の変化、イボや潰瘍、尿道からの膿の漏出や排尿時の痛み、下腹部痛などがあげられるのです。

ただ、性器クラジミア感染症の多くやHIV感染症のように無症状で経過する場合もあるので、多少なりとも異常がある時には産婦人科か泌尿器科を受診することをおすすめします。

産婦人科や泌尿器科を受診する際は、性行為によりうつる病気なためパートナーにも感染していると考えるべきで、その為受診・検査は二人一緒に行う必要があるのです。

また、恥ずかしいという意識が働いて産婦人科や泌尿器科でうまく説明できないことがあるので、いつからどのような症状があったかなどを整理しておきましょう。

その理由は、性感染症・性病の診察で重要なのは、いつからどのような症状があったのか、また原因となる性行為はいつごろで、相手は誰なのかということだからです。

ちなみに医者は、必要な情報以外について根掘り葉掘り確認することはないので、聞かれたことに落ち着いて答えましょう。

それから先にも触れましたが、ほとんど症状のないものもあるので、感染の機会のある人や心配な人に関しては、産婦人科や泌尿器科で定期的に検診を受けると安心です。

継続して通院し治療することが大切

治療中は症状がなくなって消えたとしても自己判断で治療を中断しないで、医師の指示があるまではきちんと継続して病院に通院することが大切です。

特に尖圭コンジローマは、目に見えるイボが消えてなくなっても、3ヶ月以内に約25%の人が再発するといわれています。

これは、潜伏しているヒトパピローマウイルスが時間の経過と共に新たなイボとなるからです。

その為、尖圭コンジローマの治療後約3ヶ月間は、産婦人科や泌尿器科に継続通院して再発していないかを確認してもらう必要があります。

またウイルスが原因で尖圭コンジローマは起こる病気なため、ウイルスに対する抵抗力となる免疫力が低下して、ウイルスの活動が抑えられなくなりイボが出てくることも考えられるのです。

ですから、疲れやストレスを溜め込まないことや風邪などで体力を落とさないというのも、尖圭コンジローマの再発を予防するために重要なポイントになります。

尖圭コンジローマの薬による治療の費用は?

尖圭コンジローマの治療は

尖圭コンジローマの治療は、薬による治療と外科的な治療法の2つに大きく分けられるので、症状などを考慮して医師と相談をして治療法を選択する必要があります。

薬による治療として世界的に用いられているのがべセルナクリームといった塗り薬で、このクリームを塗った場所にウイルスに対する免疫が少しずつできて、結果としてウイルスを追い出し治すのです。

ただ、イボが消えたとしてもウイルスが残留していることもあるので、平均的には8週間程度以上は薬を塗り続ける必要があります。

また定められた時間に塗るなど塗り方が多少変わっているので、最小限に副作用を抑えて速やかに治療するためにも医師の指示に従い使用することが大事です。

それから腟の内部などは薬が塗れないので、どうしても外科的治療をすることになります。
≫ 『尖圭コンジローマの薬による治療の費用は?』

尖圭コンジローマの治療方法は?

性感染症の尖圭コンジローマとは?

皮膚や粘膜の上皮に感染するウイルスのヒトパピローマウイルスを病原体とする性感染症の一つが尖圭コンジローマです。
ヒトパピローマウイルスは、子宮頸がんの原因となるものを含めて約100種類以上のタイプが発見されていて、尖圭コンジローマは6・11型のローリスクのものでより発症します。
主な感染経路は性交渉などによる接触感染で、約3週から8ヶ月程度で発症するのです。
外陰部・会陰部・肛門周囲にカリフラワー状のいぼが認められるのが主な症状で、掻痒感を伴うこともあります。
診断は基本的に肉眼により実施されて、組織診によって確定診断が行われるのです。

先に触れたように子宮頸がんの発症に関与するヒトパピローマウイルスのタイプはハイリスクで、尖圭コンジローマに関与するものとは異なります。
ただ子宮頸がんのリスクも伴うため、尖圭コンジローマの検査と共に子宮頸がん検査も一緒に実施するのが望ましいです。
それから、新生児に産道感染してしまうと喉頭乳頭腫を発症する可能性が考えられるので、分娩方法の検討には注意が必要になります。

尖圭コンジローマの治療方法は?

尖圭コンジローマの治療方法は、薬による治療方法と外科的な治療方法の2つに大きく分かれているので、イボの場所や症状を考慮して医師と相談して治療方法を決めると良いです。
その為にも、日本性感染症学会発行の性感染症診断・治療ガイドラインで、ファーストラインとして分類される治療方法を含め、健康保険が適応される治療方法を知っておくと役立ちます。

尖圭コンジローマの薬による治療方法は、世界75以上の国と地域で用いられているベセルナクリームという塗り薬による治療方法です。
日本でも2007年12月に健康保険が適用される薬として発売されて、病院で処方してもらうことでイボに自分で直接塗って治療することができます。
ただ、塗布後に紅斑・びらん・表皮剥離・浮腫・疼痛・湿疹などの副作用が見られる場合があると報告されているのです。
外科的な治療方法は、いずれも外来で実施される小手術、または日帰り入院手術として実施されます。
具体的には、イボを液体窒素で何回か凍らせて取り除く凍結療法、イボ周囲に麻酔をして電気メスにより焼く電気焼灼、イボ周囲に麻酔をしてレーザー光線で取り除く炭酸ガスレーザー蒸散などです。
またイボ周囲に麻酔をして専用の器具で切除する外科的切除というのもありますが、こうした外科的な治療方法は痛みを伴ったり、傷跡が残ったりする可能性があります。

尖圭コンジローマでの通院

尖圭コンジローマでの通院

尖圭コンジローマを病院で治療するときには通院を基本的に想定しておくのがおすすめです。
性病治療をしている泌尿器科や性病科などの病院で治療をしているのですが、一度の治療ですぐに治ることはどちらかというと少ないです。
症状が落ち着くまでには何度かの通院が必要になることがほとんどですから、通院のことは考えて病院を選ぶのがおすすめです。
≫ 『尖圭コンジローマでの通院』